研究・開発>シミュレーション研究・開発
コンピュータ・シミュレーション、分子シミュレーション(分子軌道の可視化)、物理シミュレーション、ナノシミュレーション、マクロスケール(MD計算)、ミクロスケール(量子物理化学計算)、構造解析(金属表面の吸着挙動解析)、実験データの可視化(Z-3D)、振動解析、磁性体・電磁解析、流体解析 等

シミュレーションを行うことにより、実験が難しい条件下での予測を立てることができます。
また事前予測を行うことで, コスト削減を目指します。

DFT、第一原理MD計算(分子シミュレーション)

  

DFT: 密度汎関数理論(density functional theory)を用いることにより、
電子系分子のエネルギー物性を電子密度から計算することを可能とします。

  • icon

    反応予測

    遷移状態のエネルギーから反応過程の考察を行います。

  • icon

    伝導パス

    吸着エネルギーの大きさや
    他のシミュレーション用ポテンシャルを計算します。

  • icon

    構造予測

    安定構造の探索を行います。

ドメイン構造を持つ不均質の変形(振動に関するシミュレーション)

  • icon

    試料

    不均質材料の振動が確認されます。

  • icon

    データ

    不均質材料のデータから波形のグラフが得られます。

  • icon

    シミュレーション

    ドメイン構造が確認されました。