研究・開発>ソリューション適用分野
リチウム二次電池、次世代燃料電池、機能性材料、気象データ解析、次世代エネルギー、中性子散乱、X線解析、輸送分析(サプライチェーン) 工業化解析(経済や社会現象を対象としたBA法解析)、画像解析(一般物体認識、衛星画像、CRess: 雲解像気象モデル)、 MIPI/Open MP を利用した並列処理、Webアプリケーション、ニューラル・ネットワーク、粒子法コードによるシミュレーション、 機械学習画像分類システム、人工知能(自然言語処理) 等

BA法(Bottleneck Analysis法)

弊社のシミュレーション技術や開発ソフトウェアを用いることにより、研究活動のサクセスストーリを提案する工業化解析を
支援します。
BA法とは、バリューチェーンの評価ツールの一つであり、全体像を把握することを目的とします。
どのプロセスがボトルネックかについて判断後、それを取り除き、再度BA法によって評価します。
ボトルネックを見える化するという点において、良いツールであると言えます。

  • icon

    BA法機能

    ・システムと製造プロセス変換機能: 如何なる工業プロセス=Σ8大基本要素
    ・工業特性への変換機能: 各種条件、前提等はデータベースが支援
    ・ボトルネックの評価機能: 課題と改善化PDCA
    如何なるシステム・部品・生産プロセスも基本要素(DB)の組み合わせ

    特徴

    ・如何なるシステム・部品・生産プロセスも基本要素(DB)の組み合わせ
    *基本機能(有限)*基本処理(有限)
    ・メカニズム理解を重視
    ・すべてのDBを目的変数(工業特性)と説明変数(基礎、設計、生産等の因子)との相関式で表現

    メリット

    ・製品化する際のボトルネックが発見できる
    ・全体像が見える
    ・情報の共有化